救いを探す男

工場勤務の低スペック独身男が、魂の安らぎを求め日々彷徨うブログです。30代を目前にして彼女の一人もいやしない僕の人生、一体どうなるんだ

高卒で工場に就職するなら先に彼女を作っておくべきだ

まず年収と学歴で大卒に負けてしまう

今年で29歳になった彼女いない歴=年齢の僕が入社10年で悟った心理。

高卒で工場に就職してしまったら女の子にモテない。

こんな僕でも片手で数えるほどですが合コン、街コン、行ってきました。

工場に出勤するような死にかけの魚の顔を、パァっと大学生風に自分をコーディネートし頑張って臨んだのです。

しかし結果は惨敗。

どうしても年収や工場勤務という陰気臭いワードが引っかかって女の子は僕になびいてくれませんでした。(単に僕の話し方や顔が気に食わなかったのかもしれない(´;ω;`)

 それと二十歳のころは酒の飲み方、盛り上げ方など女の子の扱いは大学生たちのほうが格段にスキルが上です。

日頃から女の子たちと関わっている彼らは息をするように彼女たちを笑わせ、空気を和ませる。

持ち手のカードが少ない我々工場勤務は自分の職場の話題などは得意だが、女の子が喜ぶような話はできない。

話せば話すほど自分の低能をさらけ出すようなものだから。

中には工場勤務でもいいよと言う女の子もいるかもしれない。

でも、それはいったいあと何回合コンしたらたどり着けるんだろうと思ってしまう。

一期一会という機会でやはり学歴や年収などは女の子たちにとっては、十分な判断材料であり、学生の頃その学業を疎かにし高卒で工場に就職という安易な道に駆け込んだ僕は、今その差をひしひしと感じている。

 

f:id:dakamazi:20190627214619j:plain

だからこそ高校の時から彼女を作っておく

 そう、学生の頃はみな平等なのです。頭がいい悪い関係なくちょっとおちゃらけなヤンキーがモテたりするあの時代。

社会的地位も何もない、学生という身分の時に彼女を作っておいて卒業して、でき婚。

これが高卒工場勤務の安牌的な恋愛術だと三十歳手前で結論しました。

だからいいですか今、工業高校で勉学に励む諸君。

高卒で工場行くなら高校の時から彼女は作る。

不純異性交遊なんて関係ない。ヤッてものにして責任取って就職して結婚すればいい。

非常に残念ながら今の社会において、高卒低スペック男性の需要は低いとしか言いようがない。

これが社会にでて10年目の僕の答えだ。

だから、僕はもう三十代に突入したら、結婚相談所のお世話になろうと決めています。

本当にそれしかないんです。三十歳で合コンや街コンなんかしても浮くだけなんです。

実家でナイナイの岡村さんがやっているお見合い大作戦という番組を嫌みのように僕に見せてくる両親のプレッシャーもひしひしと感じている。

 いい加減結婚して孫の顔でも見せてやりたい。

僕の最近の目標です。

 

 

エリート大卒が僕の工場にきて言った一言


僕の工場の大卒は、結果を求められる

どの業界にもあらゆる部門でのプロフェッショナルというものが存在する。

秀でた能力を期待されるのは、やはり学歴を携えた大卒の方々だろう。

僕の会社の本社勤め、いわゆる総合職に勤務できるのは大卒以上の人だ。

高卒の僕にはとても縁のない所だろうと思っていたのだが、不思議なことに先月からその本社勤めの若者が職場に来ることになった。

どうもその若者は、仕事で数百万の案件をミスってパァにしたらしく、戒めと反省の意味を込めて下部組織である僕の工場に島流しにされたらしい。

以下この若者のことはエリート君と呼ぶことにする。

エリート君は営業部に所属していたらしく、話を聞くとなんと一人一台営業部の人間はトヨタプリウスを与えられていたそうだ。

僕がいいなぁ、なんていうとエリート君はとんでもないと口にする。

「あそこは地獄です」

営業部は仕事をとってきてなんぼ。

来る日も来る日も、自社の商品を他社に売り込む毎日。

中でも新人は飛び込み、というよその様の企業にアポなしで訪問して精神を鍛える、という体育会系よりの仕事もあるのでそうで。

そんな毎日を送るとエリート君の体にも異変が。

まず朝起きると猛烈な吐き気に襲われるのだそうだ。

体調が悪いので休みます、と上司に言えばいいじゃないかと提案するが、エリート君は怖くて言えないそうで。

なぜなら、営業部というのは会社の顔であり攻撃力なのだと。一人一台プリウスを支給するのも期待されているから。

休むということは期待を裏切るという事。営業部の人間は普通じゃダメ、エリートじゃないと場にいられなくなるのだそうだ。

僕は話を聞きながら何のために有給があるんだか、と思っていたがなるほど、こういう世界もあるんだな、と驚嘆した。

ある程度エリート君がここに来た経緯が分かったところで、彼のここでの仕事ぶりについて話す。

エリート君は工場で働く分にはなんの問題もなく、優秀だった。

決められた時間内に仕事を終わらせるし

容量もいい。

わからない事はしっかり聞くし、同じ事を何度も聞かない。

やはり頭が良い人は飲み込みも速かった。

僕はだからこそ不思議で、なんでこんな優秀な奴が営業から島流しに来るんだろうなと、思ってしまう。

また、エリート君も僕の職場の事を凄く気に入ってくれて、

「ここは天国ですよ」

なんてセリフも飛び出るほどだった。

そんなエリート君にとっての平和な日々は残念ながら長くは続かなく、一年ぐらい経った頃に本社の営業部から戻ってこいと命令が下ったのである。

僕の職場で働く最後の日、エリート君はまるで戦争に出兵するかのごとく僕のところにお別れを言いにきた。

f:id:dakamazi:20190619220740j:plain

今生の別れのような顔をするので、また失敗したらおいで、と言ってサヨナラした。

その後のエリート君は知らない。

まだ僕の工場に島流しにこないという事はきっと営業部で上手くやれているという事だろう。

僕は学のない人間だ。

字だって、もう何年も書いてない。

ひたすら工場で鉄を切ったり付けたりしている。

それでも、出社するときに吐き気が催すような事はいままでない、一度も。

エリート君は、今でも朝起きて胃からせり上がってくる色んなものと戦っているのだろうか。

どっちが幸せなんだろうか僕は時々わからなくなる。

 

 

女先輩がすごい

 

僕が工場務めて間もない頃の話

 

女先輩は仕事が早い。

早いし、器用だった。完成された製品は文句の付け所がないくらい綺麗で見栄えもいい。

僕が三日かかる仕事を彼女は一日半で終わらせる。お世辞なんかじゃなくマジだ。

なんでこんなに早いんだろう?

当時の僕は仕事を覚えようと必死だった。

いずれは、女先輩のようにならないと課でお荷物になる。

女に負けているというのが恥ずかしかったし、周りからもこの人に勝たないと認められないと思っていた。

でも勝てなかった。

どうしても勝てなかった。

設計図をみて、鋼材をプラモデルのように組み立て一つの製品にする。

これだけだ。

これだけのことだが女先輩に一日も二日も差をつけられていた。

定時でさっと帰る女先輩を横目で見ながら、僕は終わらせなければならなかった仕事を残業して終わらせる。

会社としてもハズレの人材を引いてしまったと思われてるだろうなと思った。

そんな日々が続いてたある日、いきなり女先輩が声をかけてきた。

女先輩「なんで人に聞かんと?」

僕「はい?」

女先輩「あたしなり、ほかの人なり、何で仕事のやり方聞かんと?」

 僕「いや、やり方は知ってますよ」

女先輩「いや、全然違うよ!」

僕「え・・・」

女先輩「見てたけど全然違う。日が暮れるそんなやり方じゃ」

f:id:dakamazi:20190615220646j:plain

いきなりキレ気味で突っかかってきた女先輩に戸惑った。今思うと、あの時何も聞かずに一人で勝手に仕事をしていた僕にかなりイライラしていたんだと思う。

でも僕はアホだった。

何勝手にきれてんだよ、見てろよ、俺は俺のやり方でお前追い抜いてやるからな、と意地になってしまった。

当然、仕事は早くなることはなく職場では孤立気味に。

そして、僕はついに圧倒的なミスを犯した。

設計図を逆に見て、そのまま組み立てて熔接してしまった。

気づいたときは、その物件三日はやっていたと思う。つまり三日無駄になったのだ。

いや、三日どころじゃない。

熔接をばらして、元の形に戻す作業を入れるなら更にだ。

もう日にちを計算できないぐらい焦った。どうしよう。どうなるんだろうと思った。

とりあえず職長に報告した。

僕「製品を逆に作ってしまいました」

職長「あ?」

僕「すいません」

職長「すいませんじゃねーわ」

すぐに女先輩が職長に呼ばれ、僕のヘルプにつくことになった。

女先輩「逆に組んだと?」

僕「・・・はい」

もう自分が情けなくて女先輩に声かけられたときに不覚にも泣いてしまったのである。仕事中に。

女先輩「泣かんでいいわ。こんなんすぐ終わるやろ」

今でも思い出せるけど、やっぱりこんなセリフを吐ける人はそれなりに失敗してきて修羅場もくぐって来とるから言えるのやろーなぁと思いました。

実際僕の失敗はすぐに女先輩の手で修正されて、ついでに正しい、正規の製品に組み上げてもらいました。

やっぱり女先輩は、すさまじく仕事が早かった。

普段よりも本気だったのでより一層感じた。

その後、僕はこの件での出来事をものすごく反省し、わからないところがあれば人に聞く(当たり前のことだが)を徹底した。

女先輩とはこの件があって少し仲良くなったのだが、その話はまた別の機会で。

 報告、連絡、相談、ホウレンソウ。大事です、どの仕事でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パチンコはコミュニケーションツールだ

f:id:dakamazi:20190610223953j:plain

工場勤務はパチンコ好きの人が多い

 

 

とりあえず工場に入社したけど仲のいい人が出来ない。

なんとなく疎外感を感じる。

そんな人はパチンコをやることをお勧めする。

パチンコは若者、中年、老人すべての人をつなぐ大事なコミュニケーションツールです。

世の中に対して負のイメージが強いギャンブルですが、話のタネには充分なります。

そして工場の仕事っていうのは、たいてい受け身で与えられた仕事をこなすことがほとんどです。

自分で契約をとってきたり、商談をしに外に出かけることもなく、持ち場でもくもくと作業に励む日々。

パチンコのあのまばゆい光、爆音、当たったときの快感は工場の陰湿な空気を吹き飛ばしてくれます。

だから工場の人間はパチンコ好きが多い。僕はそう分析してます。

 

 

 

仕事が早くても、やっぱり大切なことは意思疎通

 

新卒、中途採用、辞めていく人の大半はあまりしゃべらない人が多いです。

何を考えてるかわからないとか、趣味とか自分のことをひた隠しにして周りと一線を引いている人です。

僕の工場はプライベートのことをずかずか聞いてくる人が多いです。

親は何歳?とか彼女は?みたいな。

基本的にデリカシーがありません。だから殻に閉じこもる系の人はつらい。

ずかずか自分のテリトリーに入ってこられるわけだから。

だから自衛の意味を込めて、パチンコが趣味と周りに言いましょう。

僕の工場はそれで自分を守れます。パチンコで話は腐るほど広がりますから。

どの仕事もそうだと思いますが、大切なのはチームワークだと思います。

助けあって、日々の仕事をこなしていくことにおいてやはり周りとのコミュニケーションは大事です。

そのツールとして工場では、パチンコをしている、ということはすごく便利になります。

 

また、最近はパチンコもアニメやゲームなどの人気作品を取り込んで若者向けに少しでも遊技者を増やそうと試みています。

初心者も気軽に始めやすいのではないでしょうか?

現在職場に馴染めずに悩んでる人は、パチンコで趣味の枠を広げてみてください。

状況が良い方向に向くかもしれませんよ。^_^

 

 

 

 

 

 

危険地帯

僕の工場は安全に対してすごく厳しいです。

効率、品質で業務上のミスがあったときより怪我をしたときのほうが数倍の勢いで怒られます。

ある日、僕の同僚が部材を運んでいる際に誤って足の上に落としてしまいました。

すごく痛そうにしていたので

「病院に行けば?」

と促したんですが

同僚「いや、上に怒られるから我慢する」

結局そのあと、足を引きずって仕事をしていたので不信に思った上司が呼び止めて同僚は労災を使う羽目になった。

同僚はクレーンを使って運べばいい部材を、面倒くさがって自分で運んだため怪我をした、と事故報告書に記載された。(箇所は左足の薬指骨折)

痛い思いをして、上層部から怒られて、仕事はできなくなる。

子どもの頃なら怪我をしたら、周りが心配してくれるが工場の人間は違う。

「まずは安全、その次に品質、最後に効率を」

少なくともこう言ってくれる僕の工場は、ブラック企業なんかじゃないと思う。

 

トイレに行くんじゃねぇ

工場で就業開始してうんこに行きたくなることってありませんか?

おなかゆるゆる族の僕は一日平均三うんこします。

朝、昼、夕だったり朝、朝、朝、と続けてしたりと本当にばらばら。

たまにうんこしていると着信があり

女先輩「またうんこしよると?」

僕「あと五分待ってください」

女先輩「早く来て!」

そうやってせかされてトイレから現場に戻ってくると女先輩はすごい不機嫌で、

女先輩「家でなんでしてこんと?」

と言われます。

これが意味不明で、僕からしたらうんこっていつ来るかわからない地震みたいなものじゃないですか?

家でしてこいって世の中みんな便意をコントロールしてるってことなのか?っと思ってしまいます。

サボっているわけじゃないんだからトイレについてはもう少し世の中の流れが寛容になってくれればと思います。

工場入社したけどホウキしか持たせてもらえない


今から十年前、僕はとある一部上場企業の工場に入社した。

高卒でいきなり現場に放り込まれ、さぁやれっていう状態。

工場の先輩たちも優しく教えてくれる人などおらず、基本無視。

僕「なにか手伝うことありますか?」

女先輩「そこら辺掃除しとって」

何回聞いても掃除しといてと言われるばかりだったので、聞くのをやめた。

ちなみにこの女先輩。けっこう荒かった。レンチとかグラインダー投げたりしてたし。

(多分、道具を所定の位置置くのが嫌い)

でも仕事の速さは工場長のお墨付きで、

工場長「仕事でわからんことがあったら女先輩に聞け」

と命令されていた。年も二つしか変わらなかったので仲良くやれよ、とも言われてた。

 仲良くやれも何も異性なのだ。

僕は当時、年齢=童貞。女の人と会話するだけで肩にグッと力を入れないとできないのに仕事はこの女先輩から学ばなければならなかったから、つらいのなんの複雑。

入社して三か月はひたすらホウキもってウロウロ。四か月目ぐらいで初めて

女先輩「ねぇ、道具運んで」

と声をかけてもらえるようになり、ひたすら女先輩の後ろをついていって道具の段取りをさせてもらえるようになった。

そこからまぁついでに仕事もちょいちょい教えてくれるようになって、今年僕はこの会社で入社10年目を迎えることが出来た。

ちなみにこの女先輩はまだいる。この前飲みに行ったとき、

僕「なんで入社したての時、ホウキしか握らせてくれなかったんすか?」

この質問に対し

f:id:dakamazi:20190530235241p:plain

女先輩


「顔がすぐ辞めそうやなって思ったけん」

 

f:id:dakamazi:20190530225312j:plain